Diary

2009年7月


7月1日(水):エイサー

Officeが使えて安価なミニノートがあればなぁと以前から思っていたんですが、この度エイサー(Acer)のAspire Oneを購入しました!
10.1"モデルで、49,174円(税込)です。
このエイサーの主な用途は、Office fileの読み書き、File形式の変換、Win用の便利なソフトを走らせること等、マックのサポート役です。
マックとはBluetooth経由で通信できます。数MBのファイルならストレスなく送信できてます。
これからの活躍に期待ですね。( ^ ^

d090701
7月5日(日):タイピングソフト

今度はタッチタイプの練習ソフトを作ってみました。
出題される単語がワイン用語に特化しているのが特徴です!
出題用の単語をぽつぽつ選んでいると、あらためてたくさんありますねぇ。どうりでワインは敷居が高いわけですね。。思わぬところで納得です。( ^ ^ ;
興味のある方はぜひお試し下さい。
こちらです。---> [typing_ver1.2]

7月12日(日):モッコク

ランニングコースの中に、なぜかいつも信号が赤になってしまう交差点があって、そこにモッコクの木があります。
このモッコク、一見ただの庭木のようですが、この時期、小さな白い花がいっぱい咲いていて、近くに行くととてもいい香りがするんです!
ランニング中のちょっとしたオアシスになっていますね。( ^ ^
ところで、このモッコクという響きから私が思い出すのは、神戸のラーメン屋の「もっこす」です!
何だか懐かしいですね。今度神戸に出張とかで行った時、久し振りに食べに行ってみるかなぁ。

7月18日(土):白いコルク

先日、白いコルクにめぐり合いました!
白って普通にありそうですが、案外ない色ですね。
ちなみに中身のワインも白かというと、そこはロゼでした。( ^ ^ ;
きれいなコルクは穴開けて紐を通すと、ちょっとしたキーホルダーになりそうですね。ちょっと作ってみるかな。

d090718
7月25日(土):日食

皆さん、日食は見えましたでしょうか?
私は職場の窓から空を眺めていましたが、静岡の空には現れませんでした!
そこで今回は、太陽の速度について考えてみました。
太陽は手をかざした時に小指の爪くらいの大きさ(1cm)に見えます。
目から伸ばした手までの距離を半径60cmとすると、円周377cmの円を描けます。
太陽は24時間かけて円周377cmを移動するので、1時間あたり15.7cm、1cmあたり約4分間で移動すると計算できます。
このことから、空を見ていつ太陽が沈むのか知りたい時、地平線から太陽までの距離が、手の平サイズ8cmくらい(人差し指〜小指)なら日没まで約30分、手の平2個分なら60分で日没、3個分なら1時間半で日没・・・のように概算できます。
夕暮れの写真撮影をされたことがあるなら、太陽が自身の大きさ分(1cm)移動するのに約4分というのはご存知かも知れませんね。これが案外速くて、よそ向いているとすぐ日没してしまうんです。( ^ ^ ;

d090725