ホーム

 
 
 

(工事中)かぐや絵巻

 
 
 

メイキング・オブ・草子

 
 
 

グッズ販売

 
 
 

Reikoかわら版

 
 
 

リンク

 
 

お知らせ飛脚便

 
 

Reikoの執筆最新情報

 
   
 
   
 

♪♪うたい交わそう うたがき祭典♪♪(3)

戦争じゃなく文化で交流したいもの!

 外国と交流するなら文化で交流したい。これを可能にするのは九条のある日本国憲法です。明治憲法の時と比べても分かるではありませんか。今の憲法になってから、戦争をして殺すということがなくなったのが何よりの証拠ではありませんか。
話しあいもせず、戦争で物事を解決しようとするほどバかなことはありません。このような幼い子どもでも分かる理屈が通らないのは何故でしょう。
今のアメリカが戦争を止められない理由は、社会が産軍共同体になってしまっているからです。
 アメリカの銃社会をご存知でしょう。銃が産業として機能しだしたら、例え銃をやめようと思ったとしてもやめることは困難です。それは銃があることによって利益をむさぼっている産業があるからです。この例をみても分かるように、一度戦争をするために産業が組み込まれてしまったら抜け出すことは不可能になります。アメリカは、兵器などをどんどん作り消費しなければという産業システムになってしまっているので、そこから抜け出せず、次から次へと戦争をやり続けています。
 日本国憲法が変えられ産軍共同体に移行してしまってからでは取り返しがつきません。戦争をやり続けるシステムから抜け出すことは、アメリカの例が示しているように地獄の底まで引きずり込まれかねないのです。
 第九条は、「日本は二度と戦争はしませんよ」という公約だと思います。九条は世界が目指す到達点を表していると思います。そういう意味で、世界の平和のためにも九条を守る責任が私たち日本人の肩に掛かっているのです。
 この度、えんぴつでなぞり書きをする憲法の本を作ったのは、日本の平和が今にもくつがえされそうになっているからなのです。

画像をクリックすると、遊絲社のページに飛びま〜す。
詳しいことはこちらで

 

『えんぴつで憲法練習帳 日本国憲法前文 日本国憲法第九条』
             遊絲社(ゆうししゃ)  定価600円+税 
◆ 朝日新聞(関西版)6/3日に掲載、他多数のメディアで取り上げられています。
◆ NHKテレビ(関西版)・NHKラジオで各地でも放送されています。
            (祭典実行委員会事務局でも扱っています)

 

なぞり書きをする玲子

 

週刊うたごえ新聞掲載2007年7月16日

溝江玲子

前のページ | 3/4 | 次のページ

 

メイキング・オブ・草子のページへ