ホーム

 
 
 

(工事中)かぐや絵巻

 
 
 

メイキング・オブ・草子

 
 
 

グッズ販売

 
 
 

Reikoかわら版

 
 
 

リンク

 
 

お知らせ飛脚便

 
 

Reikoの執筆最新情報

 
   
 
   
 

韓国女一人旅(7)

日本の浴衣を着て『冬ソナ』ロケ地
南恰島(ナミサムド)と春川(チュンチョン)へ

日本で、一大韓流ブームきっかけを作った冬ソナのロケ地に、いよいよ出発!
午前8時に、宿泊している宿の近くでピックアップしてくれるというので、私は6時に起き、早い目に身支度をはじめた。着慣れない浴衣を着て出かけようと、昨夜思いついたからのことだった。なぜ浴衣を着ることになったのか?
ソウルは本当に私を優しく迎えてくれた。地下鉄に乗った時も、手真似で「ここへお座りよ」と勧められ、タクシーの運転手さんも、私の日本語が分からなくても、行き先へ携帯を掛けてくれ、探し廻ってくれた。
(韓国の人って温かいんだなあ)と私は思った。しかし、それは、ソウル市内の中だけの経験である。
ソウルから車で約1時間半離れている南恰島と春川も、ソウルと同じなのだろうか? そういう疑問を解くためにも、私は浴衣を着ていかねばならなかったのだ。
小型バスは日本人が8人、韓国女性の若いガイドさんの案内付きである。
バスを降りてまず初めに、私たちは小型船で南恰島へ渡った。美しい島であるという話の通り、湖に浮かんでいる南恰島はゆったりとした美しい自然が広がっていた。冬ソナで有名なメタセコイアの並木道の他に、白樺並木、銀杏並木の見事な並木道があり、その他にも雑木林があって、ちっちゃなリスがちょろりと走り込んだりしている。
ここには、日本人だけでなく、韓国人のカップルが散策したり、自転車を走らせたりしている。聞くと、ここは冬ソナで有名になる前から韓国の人たちの憩いの島であったということだった。冬ソナというお目当てがないとしても、この景色だけで充分に堪能できる。
次に、冬ソナでのデートの場所、春川明洞(ミョンドン)にバスで移動、商店街を見て廻って、ここでお昼に鶏カルビ(ダッカルビ)を食べる。熱々の鶏カルビを食べている鉄板に、後でご飯を入れて炒り混ぜて食べるのも美味しい。
さて、私の浴衣姿のことだが、韓国の方々は好奇心が強い人が多くて、南恰島でも春川でも「何を着ているのか?」と問いかけてくる。そして、「浴衣、可愛い」「浴衣、綺麗」を連発するのだった。
何もかも含めて、この小型バスツアーは約7900円であった。

日本の民族衣装「浴衣」を着た筆者は
「冬ソナ」ゆかりの春川明洞(ミョンドン)
でも歓迎された

 

奈良新聞掲載2005年12月3日

前のページ | 7/7 | 次のページ

 

メイキング・オブ・草子のページへ