ヒイラギ
モクセイ科
クリスマスによく見る赤い実を
付けたやつは西洋ヒイラギや
アメリカヒイラギというもので
どちらもモチノキ科というのに
属するそうだ。
秋に白い花を付け、翌年の夏に
紫黒色の実を付けるそうだ。
雌雄異株だそうで、家には1本
しかないし雄らしいし、実は成
らない。
見たことないわけだ。
成ったらコワイ。
老木や木が弱っていると葉の棘
が無くなるそうだ。
そういえば去年・一昨年とクリ
スマスリースにトゲトゲの葉を
飾ろうとしたが、丸い葉が多く
て困った。
今年は元気が出たのか、尖った
葉が多くなったようだ。
もしかしたら元気になったので
花をいっぱい咲かせてくれたの
かもしれない
花は金木犀に似ているが、香り
は金木犀とはちょっと違う、
やさしい香りのようだが、、、
虫さ〜ん、いらっしゃ〜い、カモンカモ〜ンという感じの香りだ。しかも一旦立ち寄ったら2度と飛び立てない感じがする。
受粉してくれないんじゃあ、目的に適ってないけど。
花の中で小さいハチが何匹かじっとしていたけど、もしかして天寿を全うしちゃったのかも。ん〜ん気持ち解るなあ〜。
もし私がハチだったら地面に落ちてアリの餌になるより、この花
の中で死にたいと絶対思うなあ。
戻る