初日AM10時頃 GREEN STAGE
もうすぐここが全て人で埋まる。
フジロック フェスティバル '05 in 苗場
2005.07.29 (金)
朝4時、苗場に向け出発!
一昨年の目標、
”マイ・ボーイ、イギーのステージに這い上がる ”
は、残念ながら今一歩の所で断念せざる
を得なかったが、今回は誰でも達成可能
な目標、”COLD PLAY の コーラスに参加する ”
という事で練習用CDを作成した。
”in My Place ”と”Fix You ” を
続けて5回づつコピーしてある。 

到着まで5時間。練習しまくるのだ!
夏休みというと大抵、事故渋滞なんかに遭うのだが、今回はそんな事もなく予定通り9時に駐車場
に到着。途中のパーキングはドレッドヘアーの兄ちゃんやら、いつもは出没しそうにない感じの
若者で結構にぎわっていたが、道も予約していた駐車場も全然込んでおらず、バス待ちもなく、
すんなり乗り込み、いざ苗場へ。既に開場しているせいか、混雑対策済みなのか入場もすんなり。
あまりのあっけなさになんか変〜。
一昨年、最悪だったトイレも男性専用が増えていて、一昨年のように込んでないし、あの殺人的な
臭さも無かった。もしかしたら1日目という事もあるのだろうか? 外はちょっと臭い所もあったが
入ると臭くない。当たり外れもあるのか?
ともかく、フジロックに行くのを躊躇させる一番のイヤが今回は無かった。そういえばトイレット
ペーパーも十分にあった。もちろん自分で持って行くのが基本だが。
行き帰りのバスはきっと込んでいるのだろうなと思っていたが、朝はすんなりだったし、帰りも問
題ない程度の待ちだった。
いろいろ改善されているのだろうが、どうにもならないのが天気で、予報では晴れだったのにしっ
かり降られてしまった。今年は問題ないかと思っていたら甘かった。さすがに山だ。さっきまで晴
れていたと思ったら、いつのまにか雲が来ていて、まるで雨だれのような大粒の雨がボタボタ降っ
てきた。まるでヒョウが解けて落ちてくるようだった。一体、降らないってことがあるのだろうか?
まあ、降り続けたわけではなかったので、かっぱを着たり脱いだりで、最後には濡れていたジーパ
ンも乾いてくれて、る〜ちゃんを濡らす事も無かった。一昨年よりはずっとましだった。
そういえば食べ物の方は相変わらずの充実ぶりだ。
一昨年もあった思うが、苗場名物の豚と餅が名前に入ってるやつ、あれ以外は大して並ばず買える。
唯一、一昨年はクレープくらいしかなく足りなくないかと思った甘いものも、今年はジェラードや
ソフトクリームが増えていて良かった。
私はまずは屋台というといつも買ってしまうビーフケバブにいって、栄養剤代わりにバナナシェイ
クを飲んで、おやつに牛タン焼き、夜は上海塩焼きそばとコーヒーをいただいた。
ちなみに豚と餅のあれは美味しいのだろうか? 誰か教えて。気になって入るものの、いつも並ん
でいるので、ライヴ最優先で買えない。ライヴを見ないでも食べた方が良いのか?
ライヴの方は、
今回はあちこち動かないで白井貴子さん(といっても東洋の魔女の白井貴子さんではない。ロック
の女王、元祖学園祭の女王と呼ばれ、日本の女性ロックシンガーの草分け的存在。なるほど〜。な
んだそうな)の時にGYPSY AVALON に行っただけで、後は今回の目的の COLD PLAY が始まる
まで体力温存ということで、GREEN STAGE の後ろでこじんまり座り込んでひたすら COLDPLAY
を待った。
ちなみに私は白井貴子さんを岡村孝子さん
と勘違いしていた。
といっても岡村孝子さんも白井貴子さん
も知らなかったが、なんか違うような〜
と思いつつ、そのまま最後まで聞いてし
まった。失礼しました。
途中雨が降ってきて、最後はもの凄く
強くなってしまって逃げる人もいたけど、
始めから待っていた人は動かなかったなあ。
私も最後まで聞かせてもらいました。
だって、良かったんだも〜ん。本日最初
のライヴと言う感じだったのだ。失礼な
がら、なんか下手かも〜っていう人が多
い中、聞かせてくれた。今回はいっぱい
見なかったけど、COLD PLAYと白井貴
子さんだけで十分満足させていただいた。
それにしてもあの大雨、残念だった。
あそこまで降らなければ、ライヴの後の
雑談とか、、、、
早く始まらないかな〜
GYPSY AVALONで白井貴子を待つ人々。
白井貴子さんを見た後、19時20分からのCOLDPLAYに備え、おやつをいただきトイレを済まし16時、
GREEN STAGE後ろに待機した。( 早いって。)そうして、COLD PLAYの前の組が終わるとそそ
くさと前に向かった。
ところが、えっ?退場しないの? ってくらいすでにいっぱいいる。とりあえず真ん中の黒いドーム
の前のなるべく小さそうな女性の後ろに付いた。といっても、なぜか気がつくと違う人、大きい男性
なんかがいたりするんだよなあ〜。
後はひたすら待つ、待つ、待つ、、、、
クリスは僕の為に ”YELLOW〜 ”を歌ってくれるだろうか? (エリック) ←なんのこっちゃ
      ”Look how they shine for you〜〜〜”
ああ〜心配した通り、キーボードが見えなく
なっちゃった。これでは美しいクリスのシャ
ウトが見えない!!! しかも後から割り込ん
できた(これは割り込みだろ!)兄ちゃんが
クサイ! こんなとこに安い香水なんか付け
てくんな!!! 
ってわけで、いやがおうにも盛り上がる私。
ちょっと違う気もするが。
そうこうするうちに始まるわけだが、案の定、
舞台はあまり見えない。 がっくし。。。。


ライブはあまり見えなかったけど、トリの
フー・ファイターズはいいや、このまま帰ろう
いや帰りたいと思わせるライブだった。一晩
泊まって翌日観光して、夜、家に到着するまで
ずっとCDを聞き続けた。他のものは聞く気に
ならなかった。
ライヴの善し悪しはその時いる
自分の位置にもよると思うが。
そうだ、あの焼き鳥みたいなにおいと後から
来た兄ちゃんさえいなければ、もっとのめり
込めたかもしれない。結構、屋台とは離れて
いたと思うが、なぜかにおいが。香水のにおいも。
ああっ、においに弱い私。
     涙が頬を伝い〜 焼き鳥は甘く香る〜
本を買って来た。
2625円
ということで、
出来れば今度は焼き鳥のにおいのしない、席のある、音響の良い会場でやって欲しい。
フジロックには体の不自由な方は申し出てとあるが、そこはやはり野外だし、車椅子に座ってはいな
いけど、将来座りたくなければ走ったり、転んだり、長い事歩いたりしてはいけない微妙に体の悪い
人間もいる。
ヨーロッパツアーの後、年末あたりに緊急来日なんてどうでしょう?

なんて、、、、こんなとこに書いてもしょうがないか。
戻る