飲兵衛の絵描き 小川憲一 豊実さん

小川憲一豊実さんのホームページ

備後美術の特集記事へのリンク

 

Readingをクリック )

知らないおじさんから絵を買ってしまった。

この絵のタイトルと言うか、札書きは
「よくのまれるのですか しょっちゅう(焼酎)」
まあ、桜島の絵である。

この横にあった桜の木の絵は
「わしゃぁ老いても子に従わんけのぉ」

何だか妙な事ばかり書いてある。
しかしそれらによって心の防御に隙が生じてしまい、また欲しくなってしまった。
よくある風景画ではあるが妙に気に入った。和紙に水彩で描かれているのでにじみ具合も面白い。

ところで、最初に書いた通り私は小川憲一と言う画家もその作品もこれまで知らなかった。
現在は広島在住という事だが、京都出身で日吉ヶ丘高校美術科を卒業後アルゼンチンに絵を描きに行ったそうだ。
団体には所属していないようなので経歴に受賞歴は無い。頻繁に個展は開いているようだが売れるだろうか?
私は以前上野で行われる秋の公募展によく行っていたが、面白いと思うものは数点有るかないか。しかも明らかに流行があって似たような絵ばかりになったりする。そんなつまらない賞ならいらないとも思うが、全く知らない画家の絵を買う時、権威のお墨付きがあるかどうかはやはり気になる。芸術性を評価するものとしてではなく、代価の目安として。しかし、それが気になるときは本当に欲しいと思っていないときだとわかった。

これを読んでいただいてる皆さんには物好きの素質があるはずだ。機会があったら是非見ていただきたい。
難しい事を考えずに「ブエナ・ビスタ」(美しい景色)を楽しめばよい。

おっと、忘れるところだった。
小川さんは水彩の風景画を専門に描いているわけでは
ない。節操無く何でもやっている。水墨や油彩による
人物画もなかなか良い。

左の絵は木の板に油彩で描かれている。

「あんた18の私にもどしてよ おれも18のお前に
もどってほしいよ。」

アルゼンチン生まれの日系2世で奥さんのマリアイネス
さん。意志の強そうな表情だ。きっとこの絵は手放した
くなかったと思う。
大切にしなくては。

今回購入はしなかったが子供達を描いた水墨画もとても
良いのだが、どんな手法を使っていても何を描いていて
も変わらない事がある。いつでも画家の暖かい視線が感
じられるところだ。そんな優しさ、暖かさに引かれるの
かもしれない。

EMH 記
TOPへ  美術鑑賞Lab TOPへ