【撮影機材 & How To】

-美しく妖しい赤と黒の世界-

 普通には見られない世界をのぞくには、ちょっと勇気が必要です。それは、太陽を望遠鏡でのぞくという勇気ではなく、いわゆる経済的な勇気です。だって、高いんですもの、装置の値段。

 でも、最初にのぞいたときは「うわぁ、こりゃすごい」とホントにおもいました。

 せっかく24回払いで購入した装置。多くの人に(無理矢理)見ていただいて、少しは自己満足を味わいたいと思います(笑)。

 珍しいものをのぞいたら、写真に撮りたいと思うのは人の常。

 しかし、これほど実際に目で見たものと、カメラで取ったものの落差が激しい被写体はありません。肉眼で見えていたものが、全く写らない。それを見えるようにするには、やはり画像の処理が必要になります。単色光であり、それもコントラストのない被写体をどうにか見えるように処理して、いくつかをお見せします。

 早く太陽の活動期を見たいものです。


戻る

検索サイトからお越しの方は、左フレームが表示されないことがあります。一度下記Topへお越し下さい。
topのURL http://www1.linkclub.or.jp/~kinoko/

★当HPの画像の著作権は管理人に属しています。無断使用はご遠慮下さいますようお願いします。