本文へスキップ
1.大学時代に撮影した天然の雪結晶
大学生の卒論のテーマが雪結晶でした。もともと天文が好き=写真が好きだったので、志賀高原にこもって写真を撮りました。1週間ぶっ続けで快晴ということもありましたが、すばらしい雪結晶と出会え、夢中で写真を撮ったのを覚えています。   
志賀で撮影した雪結晶(フィルムからスキャン

注:スケールは統一されていません
このときに撮った写真は、旧「Akinoko's Page」においてありますので、興味があったらご覧ください。
(現在リンク工事中です)
     
2.雪結晶撮影プロジェクト始動!
以前から考えていた、雪結晶の写真を撮影するプロジェクトを2015年12月末から始動。
しかし、ここ最近の記録的な暖冬少雪のため、大苦戦の連続。
何しろ降る雪と気温が勝負の分かれ目ですから。
第1回遠征 2015.12.26-
気温は連日-2℃。信じられないくらいの暖冬で苦戦。

第2回遠征 2016.1
標高2000m近い横手山、熊ノ湯も山々は真っ黒状態。
 
第7回遠征 2019.1
冬型の吹雪と大雪、翌日は快晴。

第4回遠征 2017.12.28-
天気に恵まれず。


第6回遠征 2018.12
1650m地点で気温+3℃という日も。
      
テスト撮影した結晶

星六花

樹枝六花  直径3.45mm

樹枝六花

樹枝六花

角板付樹枝

雲粒付六花

角板付六花

扇付六花

扇六花

扇付六花

枝付角板
標高1650mだというのに、夜間の気温が−2℃という日もある暖冬が続き、大苦戦の連続。
12花
      
注意:結晶のスケールは同一ではありません。 
             
  
雪結晶の立体構造
板状に見える結晶も、本当は全て立体的な構造を持っています。
これを写真に写すには、
1,ピントをずらして撮る(左下)、 2,側面から撮る(右下)、3.立体写真を撮る の3つの方法があります。

立体樹枝結晶(上)とその側面(下)
母結晶とそこから伸びる立体樹枝のなす角度は
結晶学的に決まっている。
樹枝状結晶と六角板
六角板と樹枝をつないでいるのが、
中央に小さく見える六角形の柱
     
  
     
撮影機材テスト
撮影機材テスト2015〜16
 Nikon Optiphoto & SMZ10
撮影機材テスト2016
Nikon Eclips E200 Nikonインスティックより借用 
    
    機材テスト2018
Nikon Eclips E200 Murai Special
Nikon SMZ-2T 改
テスト撮影中

  
結晶採取用小道具類

テスト撮影用カメラ Nikon D600
  
 今も試行錯誤が続いています。
よって、このページが完成するのはまだまだ先の話。

To be continued.........
     
3.アラスカの雪
オーロラを撮影するために、これまで5回アラスカに出向いています。
2012年の遠征では簡易的な顕微鏡を組み立てて持参、雪結晶を撮影しました。

気温-20℃の中で撮影中
アラスカ・チャタニカロッジは外に屋根付きテラスがあり、撮影には便利。
角柱結晶
寒冷な気候では日本で見られるような六花の結晶はほとんど見られず、微小な交差角板結晶がほとんど。その中に小型の角柱や角板が混在していることが多いようです。
交差角板と砲弾の複合結晶
典型的な低温型結晶.。.
左上には厚角板も見えています。
             
     
   
  オマケ

中谷宇吉郎が今から70年以上前に十勝岳で撮影した雪結晶の乾板。
すばらしいとしか言いようがありません。

当サイトの全ての画像・文章の著作権はMurai.Akio=Akinokoにあります。
無断使用等はご遠慮ください。
 


Topへ戻る