本文へスキップ
雲の楽しみ方はそれこそ無限。ここでは普通とはちょっと違った、8つの視点で雲の姿を楽しんでみようと思います。いままで知らなかった、「雲の新しい姿」が見えてくるはずです。
 
1.飛行機から雲を見る − 雲は下からよりも、上から見た方が変化に富んでいる。
【飛行機からの雲が楽しい理由】
@雲は対流などの大気の動きでできるため、雲頂の方が変化に富んでいる。
A何層にも重なった雲の姿を横から、上から見ることができる。
B地表からでは見えない広範囲の雲の構造や並び方を見ることができる。
C巻雲など地上からでは遠くてわからない上層の雲を目の前で見ることができる。
D地形と雲の関係が手に取るようにわかる


では、空へ出発。 → 飛行機から見た雲のページへ
 
2.Surise & Sunset Glow  -空・雲の色を楽しむ
【朝焼け、夕焼けを作る主役は雲】
雲がなければ美しい夕焼けはできません。昼間は「白と青」の世界だった空。この時間帯は時間と共にどんどん変化していく「色」を楽しめます。

変わりゆく色を楽しみましょう。 → 朝焼け・夕焼けのページへ
 
3.夜の雲は別世界 −隠れた雲の生態を見る
【Q.夜も雲なの?  A.そうです、夜も昼も。】
本来、月のない夜に雲を見ることはできません。ところが、近年の都市化で街には照明があふれ、空に向かって多くの光が打ち上げられています。その結果、夜も雲が空に浮かび上がり、観察できます。

夜も空に目を向ければ、新しいチャンスがあるかも。でも、Akinokoとっては幸か不幸か夜も安心してられないって事です。

では、夜の世界に忍び込みましょう。 → 夜の雲の姿のページへ

夕暮れ。いよいよ、雲の「別の顔」が姿を現します。

4.魚眼レンズで丸ごと見る −人間の視野ではとらえられない雲の全体像をとらえる
【限られた人間の視野を解放する】
人は今見ている物が普通で常識だと思いがちです。視野を広げると新しい世界が広がります。
そう、ここには本当の意味で視野を広げた世界があります。

レンズはもちろん円周魚眼レンズ。
写真はSigma Circular fisheye 8mm F3.5
撮影は360°開けたところで。

実はこれが一番難しい!
では、魚になってみましょう。    → 魚眼レンズで見る空のページへ

5.想像力で見る雲のかたち −雲と想像力のコラボレーション
【雲から想像と思索へ】
雲がシュークリームや綿あめになって見えたのはいつまでだったかな?年齢を重ねるごとに見えなくなる物もあります。
想像はすべての楽しみの始まりなのです。


では、子供の心に戻ってみましょう。  → 雲で想像するページへ 
                  
     
6.種類を超越した雲のかたち
【ただ、自然の不思議に感嘆する】
雲は見えない大気の動きを可視化してくれています。だから不思議な雲、おもしろい形の雲ができると言うことは、そこに何か不思議な大気の流れが必ずあるのです。
「なぜそんな形になるのか」を想像しながら雲を見るのも、雲の楽しみのひとつです。


では、雲のかたちを楽しんでみましょう。 → 雲のかたちのページへ  
                
       
 7.生きている雲のすがた −タイムラプス動画で変幻自在な姿を見る
【雲の生きる時間をとらえる】
雲の時間は私たちの時間の進み方とは違います。
だから、私たちが「自分たちの時間で」雲を見ても、雲の生き物のような変化を認識することはできません。
雲の時間を私たちの時間に合わせてみましょう。


では、雲の生態を覗いてみましょう。   雲の動画のページへ
                
      
8.ちょっとSpecialな空
普段の生活では出会えない、Akinokoにとってちょっとスペシャルな空をどうぞ。 → リンク



飛行機から楽しむ
雲の全てがわかる

雲のかたち立体的観察図鑑
1900円+税
雲のキホンと
楽しみ方知りたい時は

空の図鑑(学研)
1800円+税
視点を知りたい人
楽しく写真を写したい人は

雲の見本帳(MdN)
2000縁+税

当サイトの全ての画像・文章の著作権はMurai.Akio=Akinokoにあります。
無断使用等はご遠慮ください。
 


Topへ戻る