本文へスキップ
10種+1の雲とできる高さ
雲は地表付近から約12000m(緯度によって変わります)の高さにでき、できる高さによって
1.
上層雲(高さ5000〜12000m)
2.
中層雲(2000〜7000m)
3.
下層雲(2000m以下)
に区分、さらにその形状によって10種に分けられています。

ただし、積乱雲は下層から上層まで厚く「対流雲」として区別、乱層雲は中層から雲底は下層へ、雲頂は上層へ広がっています。また、飛行機雲自体は10種の雲形には含まれませんが、発達して10種雲形の雲に変化していくことがあります。

雲の種類:10種雲形 と 飛行機雲
高さ 名称 記号     特徴や見え方
上層雲


5000〜  12000m




上層雲を
見る
巻 雲 Ci  別名:すじぐも・しらすぐも

最も高い所にできるため薄い。
上空の強い風に流されてできるハケで掃いたような繊維状の構造が特徴。
 
巻積雲 Cc  別名:うろこぐも・さばぐも

無数の半透明で小さな粒状の雲片の群れでできている。
青空に小石を敷き詰めたように見え、うろこ雲とも呼ばれる。秋の雲と言われるが、秋に多いわけではない。
巻層雲 Cs 別名:うすぐも・かすみぐも

全天をうっすらと覆うベール状の雲。
薄いので青空が透けて見え、時にはその存在に気がつかないこともある。条件によっては写真のように繊維状の構造が見られることもある。色々な大気光象をつくる原因になる。 
中層雲


2000〜  7000m



中層雲を
見る
高積雲 Ac 別名:ひつじぐも・まだらぐも 

中くらいのかたまり状の雲片が集まってできる雲。
羊の群れに見えることから「ひつじ雲」とも呼ばれる。
雲底に灰色の影ができることが巻積雲と異なる。朝夕には大変美しい景色をつくる。 
高層雲 As  別名:おぼろぐも

全天を一様に明灰色〜灰色に埋めつくす雲。 
太陽はこの雲を通して輪郭がぼんやり見えるか、存在が分かるくらいのことが多い。 立体感のない風景をつくり出す。
乱層雲 Ns  別名:あまぐも

雲底はむらのある暗い灰色。
比較的弱い雨を長い時間降らせる。全天を暗灰色に染め、空はほとんど見えることがない。
下層雲 


2000m
以下


下層雲を
見る
積雲 Cu 別名:わたぐも

雲の代表選手。
大きな雲片が、形を変えながら豪快に流れていく。雲底がうす暗く影があるので立体的に見える。
層積雲 Sc 別名:くもりぐも、うねぐも、まだらぐも

 大きく平べったいかたまりの雲が寄り集まって空いっぱいを埋め尽くすように並ぶ。
隙間からわずかに青空が見えることも多い。
昼は地味だが、朝夕に陰影が付いて立体的に見え大変美しい。 
層雲  St  別名:きりぐも

地表に最も近い所にできる。低いときには、地上十数メートルの高さにできる。山や高層建築に接することも多く、中にいる人から見れば「霧」となる。
 厚い雨雲の下にできることが多く、天気が良くなり気温が上がると、たちまち消散してしまうことが多い。
対流雲


対流雲を
見る
積乱雲 Cb 別名:かみなり雲・にゅうどう雲

雲の暴れん坊。この雲が頭上に来ると激しい雨と雷で大荒れになる。背が高く、その厚さは10000mを超えることも。雲の下では真っ黒な雲底しか見えないが、遠くから見ると巨大な雲の柱に見える。この雲がさらに発達するとカナトコ雲ができる。
飛行機雲

飛行機雲を見る
航空機が対流圏上層を飛行するようになってから現れた人工の雲。10種雲形には含まれない。
たった80年ほど前に現れた雲の新参者だが、この雲から発達し自然の雲と見分けられなくなる雲も多い。2017年3月に改訂された国際雲図帳(International Cloud Atlas)で晴れて正式に雲の仲間入り。
積乱雲は雲底が低く「下層雲」に入れることもありますが、強烈な対流によって雲頂は対流圏界面に達します。ここでは「対流雲」として分けて扱います。

 

Akinoko’s
ワンポイント・レッスン

紛らわしい雲を
見分けるには
巻積雲と高積雲
巻層雲と高層雲
積雲と層積雲

リンク

 
   
雲の大分類
10種の雲形は、それぞれ「見た目の形=種」、「並び方・厚さ=変種」、「部分的な特徴や付随してできる雲=副変種」によって細分化されています。
もちろん、どの種・変種・副変種の名称もつかない10種雲形だけの雲もあります。
2017年、30年ぶりに国際気象機関(WMO)のInternational Cloud Atlasが改訂・発表されました。ここには上の大分類の細かな決まりが規定されています(英文)。 → リンク
 
雲の種類や特徴をもっと知りたい時は

雲のカタログ(草思社)
1900円+税
雲のキホンと楽しみ方が知りたい時は

空の図鑑(学研)
1800円+税

当サイトの全ての画像・文章の著作権はMurai.Akio=Akinokoにあります。無断使用等はご遠慮ください。 


Topへ戻る