「自然農の野菜作り」48分

  •   DVD 3.000円
  • Blu-ray 3.500円   
    自然農の基本的な作業を実践例を通じて分かりやすく紹介。
  • すじまき 例:ニンジン・ホウレン草
  • ばらまき 例:玉ネギ(苗床)畝:小カブ(畝)
  • 点まき 例:カボチャ
  • 定植 例:スイカ・レタス
  • 生姜、ニンニク、里芋(作付け・草管理・保存)

ご希望の方は  amal*land.linkclub.or.jp 齊藤範子まで

(*を@に変えて下さい)ご連絡下さい。

お名前.ご住所.お電話番号を

お書き添え下さい。

 

 

「自然農の米作り」 40分

 

  • DVD 2.800円

 

自然農のお米作りを沖津一陽さんが

           丁寧に解説。

 

 

自然農は誰にでも出来る、お米や野菜を育てるやり方です。準備する道具は、鎌と手ぐわ、鍬、スコップなどです。耕すことなく栽培しますので、トラクターなど畑全体を耕すための大きな機械は必要ないし、農薬や肥料も使わずに栽培できます。

自然農の季節ごとの作業や、話題をお知らせしていきます。

 

 

 

 

 

 

畑便り 2020 9/29

 昨日やっと大根など播き始めました。

 昔なら、お彼岸前後から播き始めるところだけれど、気温が高いので少し遅らせています。その上、最近はいつまでも夏のような激しい雨が降り、幼い冬野菜にはこたえます。これから種々冬野菜の作付けを進めてます。上手に育てたいものです。

 ところで、中国やヨーロッパでは近い将来、ガソリン車がなくなるのだそうですね。ここでも日本は遅れているのでしょうか。まあそれにしても、電気や水素がCO2の削減につながるとはとても思えません。なにしろ、電気や水素を生産するにはきっと産み出すよりはるかに多くのエネルギーが要る。結局、近く自動車はなくなることになるのでしょう。時代が大きく変わるわけです。

 ちなみに、当農園の老ハーベスター(脱穀機)はガソリンエンジンです。更新するべきだろうか。足踏み脱穀機は老人にはつらいかな、いや、やってみればそれ程でもないのかな。悩ましいところです。

沖津

 

畑便り 2020 10/6

 冬野菜の種播きが半分くらい終わったでしょうか。種播きも後半に入ります。

 連れ合いが毎日栗を拾っています。のどかな、あたたかい、秋ではあります。しかし、南には台風が有るのだとか。何年か前に10月にひどい台風が有り、カブや大根などが大きな被害に遭ったことがありました。そんなことにならなけれ良いですがね。

 今の空豆総理が気に入らぬ学者を、学術会議だかのメンバーに任命しなかったのだとか。異例だという。任命されなかった学者さん達はどうも一流の学者さんらしい。変ですね。この頃のマスコミの風潮を見ても、だんだんと暗い方向に進んでいるようで心配です。ナチスも東条も国民の熱狂が生んだのだとか。異論に対しても敬意を払い静かに考えるのが君子だと思いますがね。間違ったら取り返しが付かないのです。

沖津

 

 

*一陽[いちよう]自然農園見学会*参加自由*参加費無料*

毎月第2日曜日(雨天開催  事前連絡不必要)

2020年 11/8・12/13

*9:30〜12:30 座談 自然と農業を考える

昼食=近隣に飲食店コンビニ等ありません。

通しで参加する場合は昼食をご用意下さい。

*13:30〜16:30 農地見学会 田畑の見学と作業の説明

*お問合せ先・開催場所 沖津一陽 tel.0883-36-4830

〒771-1613徳島県阿波市市場町大俣207

 

 

<運営者:さいとうのりこ>