「自然農の野菜作り」48分

  •   DVD 3.000円
  • Blu-ray 3.500円   
    自然農の基本的な作業を実践例を通じて分かりやすく紹介。
  • すじまき 例:ニンジン・ホウレン草
  • ばらまき 例:玉ネギ(苗床)畝:小カブ(畝)
  • 点まき 例:カボチャ
  • 定植 例:スイカ・レタス
  • 生姜、ニンニク、里芋(作付け・草管理・保存)

ご希望の方は  amal*land.linkclub.or.jp 齊藤範子まで

(*を@に変えて下さい)ご連絡下さい。

お名前.ご住所.お電話番号を

お書き添え下さい。

 

 

「自然農の米作り」 40分

 

  • DVD 2.800円

 

自然農のお米作りを沖津一陽さんが

           丁寧に解説。

 

 

自然農は誰にでも出来る、お米や野菜を育てるやり方です。準備する道具は、鎌と手ぐわ、鍬、スコップなどです。耕すことなく栽培しますので、トラクターなど畑全体を耕すための大きな機械は必要ないし、農薬や肥料も使わずに栽培できます。

自然農の季節ごとの作業や、話題をお知らせしていきます。

 

 

 

 

畑便り 2020 5/3

 5月ですが、夏のような暑さです。キューリなど夏野菜の種を播きましたが、まるで発芽の気配が有りません。雨が十分無いからです。あたかも夏の乾燥機のようです。この先どうなることやら。とりあえず、今週は種モミを播きたいです。今年の稲作を始めます。
 コロナに乗じて憲法改正だとか。緊急事態条項を入れて、私権を制限するのだとか。馬、鹿、以下ですね。そもそも、科学は間違うことが有るのです。科学の千恵を利用する人は更に多く間違う。これまでの日本政府の誤りだって枚挙にいとまがない。だから、政府に従わない自由だって要るのです。

 ところで、日本ではおそらく毎日3,000人以上が自然死する。コロナでは1〜2ヶ月でわずか500人やらが死んだと言う。おそらく、交通事故死より少ない。それなのに、なぜ車の利用はもとより都会の満員電車はOKでパチンコ屋は×なのでしょう。従業員の生活を考える社長と政府とどちらが正しいかきっと時が経たないとわからない。だから、現場の裁量つまり自由が大事だと私は思うのです。そもそも、自由でなければ自然農なんぞ出来るものか。日本中の農学者を敵に回して、私は28年農業で生活してきました。今のアホ農学より私の方が正しいと少なくとも私は思っています。

沖津

 

 

*一陽[いちよう]自然農園見学会*参加自由*参加費無料*

毎月第2日曜日(雨天開催  事前連絡必要なし)

2020年 6/14・7/12・8/9・9/13・10/11・11/8・12/13

*9:30〜12:30 座談 自然と農業を考える

昼食=近隣に飲食店等ありません。

通しで参加する場合は昼食をご用意下さい。

*13:30〜16:30 農地見学会 田畑の見学と作業の説明

*お問合せ先・開催場所 沖津一陽 tel.0883-36-4830

〒771-1613徳島県阿波市市場町大俣207

 

 

<運営者:さいとうのりこ>